事故時の状況を「見える」化する

ドライブレコーダーは、その運転を他の人に見せられることができるものです。

 

これを設置していることで、その時の運転状態をしっかりと見せることができるでし

 

ょう。そうすることで、裁判などに勝ったというところも結構多いことですね。

 

故に、ドライブレコーダーは設置していると何かと良いことがあります。

 

そんなドライブレコーダーの話でしょう。

 
ある国で起きたことです。普通に運転をしていると人が突撃をしてきました。

 

その時は明らかに突っ込んでくることがわかっているので最低速度のさらに遅く走

 

行をしていました。そして、その自動車に突っ込んできた男性はそのままボンネッ

 

トにぶつかったようにして寝そべるという奇行をしたのですよ。

 

その後、その男性は人身事故だと言ってくるということがありました。

 

この時にドライブレコーダーの有る無しがかなり活きるのですよ。

 

ここでドライブレコーダーがあることで、無罪だと判断されますね。

 

しかし、無いとどう運転手が言っても有罪にしかなりません。

 

そして、明らかにぶつかってきた男性に人身のお金を払わないといけない状態に

 

なるのですよ。しかも、それだけなら良いのですが、ネチネチとお金を請求される

 

ということがありますので、ドライブレコーダーがあると良いですね。

 
この話は結構有名なことで、某動画サイトでも見ることができるものです。

 

だから、ドライブレコーダーはあると便利なのですよ。